事業概要

事業目的

免疫は、感染微生物など異物に対して働くものですが、一部のがんに対しても働きます。実際に、免疫をうまく利用することによって、従来の治療法(手術、放射線、抗がん剤)では治療効果が見られない末期のがん患者の一部で、完治に近い治療効果が得られるようになりました。

サイアス社では、がん患者のがん組織中または血液中のT細胞の中から、その患者のがん細胞が発現するがん抗原特異的なキラーT細胞を分離し、体外で増殖させて治療に利用することを目的に研究を進めています。 T細胞は過剰に増殖させると機能を失う傾向にあります。これを回避するために、私たちはがん抗原特異的キラーT細胞から、まずはiPS細胞(T-iPS細胞)をつくります。このT-iPS細胞は安定的に無限に増殖させることができます。すなわちT-iPS細胞段階を経由することによって、がん抗原特異的なキラーT細胞を無限に得ることができるのです。私たちは、この再生T細胞を治療に利用することを目指しています。

テクノロジー

iPS細胞を用いた治療用再生T細胞の作製

がん患者の体内から、がん細胞を攻撃できるキラーT細胞を分離し、このT細胞からiPS細胞(T-iPS細胞)を作製します。T-iPS細胞から再生されたT細胞は、元のT細胞と同様に、がん細胞を攻撃する能力を持っています。iPS細胞の性質を活かすことによって高い機能を持つ、若返ったT細胞を大量に生産することが可能です。当社は、このT-iPS細胞経由で増幅したT細胞を、がん患者の治療用に提供することを目指しています。

なおiPS再生T細胞療法は、患者個人のT細胞を用いる自家移植法と、特定の患者あるいは健常人ドナーから作製したT細胞を多くの患者に用いる他家移植法に大別できます。まず我々は、T細胞のドナー(提供側)とレシピエント(受領側)の適合性等の問題がない自家移植を優先して推進しスピーディーに開発をおこない、1日も早く良い製品を医療現場に届けることを目指します。

現在の研究内容

研究の主体は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の金子新准教授の研究室(HP)です。金子准教授は、末梢血のT細胞からT-iPS細胞を作製し、若返ったT細胞を大量に生産する技術を開発しました1)。再生T細胞をがんの治療へ用いるために、さらに効果的で安全なT細胞を安定的に生産することを目指して下記のような研究を進めています。

  1. がん組織から取り出したT細胞を、T-iPS細胞経由で増幅する。
  2. T-iPS細胞から安定的に大量のT細胞を生産する培養技術をさらに改良する。
  3. 再生T細胞の安全性を検証する。安全性は、①がん化しないかどうか、②自己免疫の原因とならないか、という観点から検討する。
  4. 可能な限り短期間に、しかも安価にT細胞を供給するために、培養系を含めすべての過程の効率化を目指す。