News

  サイアス株式会社(京都市左京区、代表取締役:等泰道)は、イノベーション京都2016投資事業有限責任組合(無限責任組合員:京都大学イノベーションキャピタル株式会社、京都市左京区、代表取締役:室田浩司)及びSMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合(無限責任組合員:SMBCベンチャーキャピタル株式会社、東京都中央区、代表取締役社長:石橋達史)を引受先とした総額6億円の投資契約を締結し、6月28日時点において、その一部として2億円の第三者割当増資を行いました。   今回の調達資金は、前臨床試験入りまでの開発資金に充当致します。当社は、研究開発の強化・協力企業との連携・規制当局との協議を進め、がんや感染症に対する治療の実用化を目指し、iPS細胞技術を活用した再生T細胞療法の開発を加速し、早期の臨床応用を目指してまいります。...

  当社は、オンコセラピー・サイエンス株式会社(本社:神奈川県川崎市、以下「OTS」)との間で、OTSのがん治療用ペプチドワクチンを利用して、再生T細胞を製造し、これをがん治療に用いることに関して独占的な開発・製造・販売権を許諾する契約を締結致しましたのでお知らせいたします。 詳細はこちらをご確認ください。...

  当社は、株式会社IDファーマ(本社:東京都千代田区、以下「IDファーマ」)との間で、IDファーマが有するiPS細胞作製キット、CytoTune®-iPSを用いたInduced Pluripotent Stem Cell(iPS細胞)作製技術について、その技術を用いたiPS細胞の作製、作製されたiPS細胞を用いた分化細胞の作製、得られたiPS細胞由来分化細胞の内部研究への使用を許諾する契約を締結致しましたのでお知らせいたします。 詳細はこちらをご確認ください。...

  当社は、iPSアカデミアジャパン株式会社(本社:京都市左京区、以下「iPS-AJ」)との間で、iPS-AJが京都大学より実施権を許諾されているiPS細胞製造技術ならびにiPS細胞より機能性T細胞へ分化誘導する技術に関する特許群について、iPS-AJがサイアスに対して、がんや感染症を対象に全世界でiPS細胞由来再生T細胞を用いた自家免疫・再生医療製品の開発・提供を行うための通常実施権(非独占的通常実施権及び分化誘導技術に関して独占的通常実施権)を許諾する契約を締結致しましたのでお知らせいたします。 詳細はこちらをご確認ください。...

  サイアス株式会社(京都市左京区、代表取締役:尾﨑史郎)は、イノベーション京都2016投資事業有限責任組合(無限責任組合員:京都大学イノベーションキャピタル株式会社、京都市左京区、代表取締役:室田浩司)を主な引受先とした第三者割当増資等を行ないました。 当社はこの投資を活用して、がんや感染症に対する治療の実用化を目指し、iPS細胞技術を活用したT-iPS療法の開発を推進致します。...

  当社は平成29年4月15日をもって、以下のとおり、代表取締役交代を行いましたのでご案内申し上げます。 新旧代表取締役の氏名および役職名 代表取締役 尾﨑 史郎 (おざき しろう) 旧役職名:取締役 取締役   伊藤 正春 (いとう まさはる)旧役職名:代表取締役 今後とも変わらぬご厚誼を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。...