Mission

Your Cancer, Your Cell, Your Cure

ひとりひとりのがん患者の治癒を実現し
がん患者、がんサバイバー、その家族に
個別化された希望を届ける

チェックポイント阻害薬の登場以来、外科手術・化学療法・放射線療法に続く、がんの第4の治療法として「がん免疫療法」が確立され、「がんが根治する時代」が始まりました。

またCAR-T細胞療法も目覚ましい効果を上げています。
しかし、これらの画期的な治療法でも、すべての患者様のがんに個別化して適用できるものではありません。

サイアスでは、これらの治療法が適用できない患者様ひとりひとりに、またこれら治療法に対する耐性がんや転移がんを発症した患者様ひとりひとりに届けることを目指して、自家T細胞による再生T細胞療法の開発を進めています。

そして、がん患者、がんサバイバー、その家族に、個別化された希望を届けるために、日々研究開発を進めています。

more…

 

T細胞由来のiPS細胞

T細胞由来のiPS細胞

 

若返った再生T細胞

若返った再生T細胞

Vision

iPS細胞技術を用いた堅牢で効率的な
自家免疫細胞療法プラットフォームを提供する
No.1カンパニーとなる

患者様の体内で、T細胞は常にがん細胞と闘い、がんの発症を抑えています。

しかしT細胞は、いずれは疲弊状態となり闘えなくなります。
サイアスはそのような疲弊したT細胞を、iPS細胞技術を用いて若返らせ、かつ増殖させ、ふたたびフレッシュなT細胞にして患者様の体内に戻すことで、がんの根治を狙う再生T細胞療法の開発を進めています。

サイアスは、京都大学 iPS細胞研究所 金子新 准教授らが発明したT細胞分化技術に関する特許群の独占ライセンスを受け、患者様から取得したT細胞を高い効率で初期化(iPS細胞化)し、ふたたびT細胞に分化させる技術を確立しています。

T細胞療法に取り組む多くの企業が他家細胞を基に開発を進める中、サイアスは、真の個別化医療の実現のために、自家iPS細胞技術を用いた堅牢で効率的な免疫細胞療法プラットフォームを確立し、それぞれの患者様のがんに個別化された再生T細胞療法を提供する世界No.1カンパニーを目指します。

more…

 

 

社名・ロゴの由来

  • 骨髄で産まれたT細胞が、異物やがん細胞を認識するためのトレーニングを受ける場所を胸腺:Thymusといいます。
  • そして京都大学iPS細胞研究所(CiRA:サイラ)発ベンチャーとして、サイラの明日を担う(サイ・アス)、という想いが込められています。
  • チョウ目ヤガ科(Noctuidae)シタバガ亜科(Catocalinae)の大型のガであるムクゲコノハをThyas Junoと呼びます。
    サイアスのロゴマークは、見る人によって、羽を広げたムクゲコノハにも、舞妓さんの着物や雅楽の装束にも、もちろんT細胞受容体にも見えるようです。

 

Management Team

  • 代表取締役:等 泰道 (ひとし やすみち) M.D. Ph.D.

    免疫学の知見および米国バイオテックにおける経験を基に米国より招聘され、2017年6月30日、新体制発足と同時にサイアスに参画。代表取締役就任。探索研究から舵を切り、臨床試験に向けた体制の構築を急ぐ。

    略歴

    • 1987: 熊本大学医学部卒業
    • 1987: 熊本大学医学部免疫学研究施設生物学部門入学
    • 1991: 熊本大学医学部助手
    • 1992: 東京大学医科学研究所助手
    • 1995: スタンフォード大学(カリフォルニア)博士研究員
    • 1998: Rigel Pharmaceutics Inc. 入社
    • 2009: 同社 Vice President, Biology
    • 2017: サイアス株式会社 代表取締役就任
  • 取締役・科学顧問:金子 新 (かねこ しん) M.D. Ph.D.

    京都大学iPS細胞研究所 准教授。 iPS細胞からT細胞への分化研究に関する世界的権威。同研究所 附属細胞調製施設長を歴任。再生医療関連法規を含む規制関係にも深い知見を持つ。

    略歴

    • 1995: 筑波大学医学専門学群卒業
    • 1998: 同 大学院医学研究科博士課程(免疫学)入学
    • 2003: 筑波大学 血液病態制御医学講師(血液内科)
    • 2005: サンラファエレ科学研究所(ミラノ)客員研究員
    • 2008: 東京大学 特任助教(医科学研究所幹細胞治療分野)
    • 2009: 東京大学 助教(医科学研究所幹細胞治療分野)
    • 2012: 京都大学iPS細胞研究所 准教授
    • 2013: 同研究所 附属細胞調製施設長
    • 2017: サイアス株式会社 取締役就任

    関連論文

    • Targeted Disruption of HLA Genes via CRISPR-Cas9 Generates iPSCs with Enhanced Immune
      Compatibility.
      Cell Stem Cell. 2019 Apr 4;24(4):566-578.
    • Enhancing T Cell Receptor Stability in Rejuvenated iPSC-Derived T Cells Improves Their Use
      in Cancer Immunotherapy.
      Cell Stem Cell. 2018 Dec 6;23(6):850-858.e4.
    • Generation of rejuvenated antigen-specific T cells by reprogramming to pluripotency and
      redifferentiation.
      Cell Stem Cell.
      2013 Jan 3;12(1):114-26. 他多数
  • 取締役:五ノ坪 良輔 MBA

    兼松㈱の投資・事業開発支援チームのヘッドとして、幅広い分野における国内外の事業投資、M&A、ベンチャー投資等を数多く推進。事業部に伴走してビジネススキーム構築、ビジネスプラン策定、投資契約交渉等、商社における新規事業開発の総合的な支援を行う。
    自らも社内ベンチャーとして電気自動車充電インフラサービスやスマホアプリ等の事業を立ち上げた経験を持つ。
    2015年9月より京都大学イノベーションキャピタル㈱にて投資を担当。
    京都大学法学部卒業。カーネギーメロン大学MBA。

  • 取締役:上野 博之 Ph.D.

    大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻にて博士号を取得した後、武田薬品工業㈱、大日本住友製薬㈱、及び外資企業・日本オルガノン㈱にて生物系研究に従事し、多様なベンチマークを学ぶ。
    プラットフォーム技術の開発に加え、癌・泌尿器領域にて創薬標的と臨床候補化合物の探索を行った。
    京都大学などとの共同研究を経験した後、2016年10月より京都大学イノベーションキャピタル㈱にて投資を担当。

 

Advisor

  • 桂義元 Ph.D.

    京都大学名誉教授。京都大学理学部物理学科を卒業後に生物学に転じ、ヘルパー系T細胞の機能的多様性に関する研究、胸腺におけるT細胞分化の研究を行い、T前駆細胞の存在、造血における分化系列決定の過程を明らかにした。1991年にはKTCC(Kyoto
    T Cell Conference)を設立、T細胞研究の国内外の交流を推進。現在は当社科学顧問として免疫、がんに関連するサポートを行っている。

    略歴

    • 1963: 京都大学理学部物理学科卒業
    • 1977: 京都大学結核胸部疾患研究所細菌血清部教授
    • 1997: 改組により京都大学再生医科学研究所再生免疫学分野教授
    • 2002: 京都大学定年退官、日本大学医学部客員教授、東京医科歯科大学客員教授
    • 2013: アストリム株式会社 代表取締役
    • 2016: 当社会長就任
    • 2017: 当社科学顧問就任

 

Collaboration