Technology

プラットフォーム

(iPS-T®: iPS細胞由来再生T細胞)

元気なT細胞を

がん細胞だけに対する強い攻撃力

大量に



T細胞が少ない患者にも治療を提供



腫瘍周辺の免疫抑制環境を突破、
最後の微小残存病変まで取り除く

繰り返し投与

自家製品の場合、拒絶がなく
安全に大量・反復投与

さまざまながんに

ターゲット抗原を変えることで
さまざまながん種に適用可能

iPS-T®の特徴

iPS-T®は高い細胞傷害性を持ち、増殖しながら腫瘍細胞を攻撃する

疲弊したT細胞

iPS化を経た再生T細胞(iPS-T®

iPS-T®は腫瘍細胞に特異的な細胞傷害性を示す

ターゲット抗原を発現する細胞だけを狙い撃ちする

: 抗原X特異的再生T細胞
: 抗原Xを発現していないがん細胞
        (iPS-T®はパトロールするが抗原Xを発現して
        いない細胞
        を攻撃しない)

: 抗原X特異的再生T細胞
: 抗原Xを発現しているがん細胞
        (iPS-T®はがん細胞を攻撃して細胞死を誘導)


Cell Stem Cell | (2018) 23:1–9 | https://doi.org/10.1016/j.stem.2018.10.005

iPS-T®はCD8α+β+キラーT細胞

  • サイアスのiPS-T®はCD8α+β+のキラーT細胞
  • CD8α+β+T細胞は腫瘍抗原への高い結合活性を持つ(獲得免疫系)
    対してCD8α+α+T細胞は腫瘍抗原への結合活性が低い(自然免疫系)

CD8αβ

十分な抗原のシグナル
CD8αβはTCRとMHC-Iの結合を補助・補強し、
その結果、抗原特異性がしっかりと確保される。

CD8αα

不十分な抗原のシグナル
CD8ααはTCRとMHC-Iの結合を補助・補強せず、
場合によってはTCRのシグナルを阻害する。

Cell Stem Cell | (2018) 23:1–9 | https://doi.org/10.1016/j.stem.2018.10.005

iPS-T®はナイーブ〜メモリーT細胞の表現型を示す

  • メモリーT細胞は免疫記憶の機能を持ち末梢血中で免疫管理の役割を担う
  • 近年の免疫チェックポイント阻害薬やCAR-T治療の症例から
    メモリーT細胞の存在が薬効と強い相関を持つことがわかってきている
  • 自家製品の場合、より長く体内に残存し、免疫の長期維持に寄与することが期待される

iPS-T®は高い増殖能力を持つ

  • iPS-T®はテロメアが伸長し、高い増殖能を発揮する

iPS-T®のテロメア伸長
テロメアの長さと薬効との相関が報告されている


Nat Rev Cancer | (2008) 8: 299–308 | https://doi.org/10.1038/nrc2355

iPS-T®の増殖能力
疲弊したT細胞は3度目の刺激以降増殖しないのに
対し、
iPS-T®はナイーブT細胞と同等の増殖能を持つ

iPS-T®は疲弊マーカーの発現が低下する

  • iPS-T®はT細胞の疲弊状態を示す疲弊マーカーの発現が低下・消失する

疲弊したT細胞
免疫チェックポイント因子が
CD8T細胞の受容体に
結合して
腫瘍傷害性を抑制する

がん細胞への攻撃力が低下

若返った再生T細胞
免疫チェックポイント因子が消失し、
腫瘍傷害性が回復する

がん細胞への攻撃力が回復

自家iPS-T®は安全に反復投与が可能

  • 近年のCAR-T治療の症例報告から、大量・反復投与により高い薬効を得られることがわかってきている
  • 自家製品の場合、安全に反復投与できる為、より高い長期の薬効が期待できる

NATURE COMMUNICATIONS | (2020) 11:3549 https://doi.org/10.1038/s41467-020-17175-8

パイプライン

ペプチドワクチン(抗原X特異的)

  • P1-2試験実施、安全性・認容性を確認済み
  • 抗原Xを標的としたキラーT細胞を患者体内で誘導
  • ワクチン投与後にCD8+T細胞の腫瘍浸潤を確認

ワクチン投与前

ワクチン投与後
(茶色のドットが腫瘍に浸潤したCD8+T細胞)

写真提供:国立がん研究センター

再生T細胞(iPS-T®

  • 抗原Xペプチド反応性の患者のT細胞から作製した再生T細胞
  • 臨床投与量の製造に成功

T細胞由来のiPS細胞

若返った再生T細胞(iPS-T®
(生体内のT細胞と同じような顕著な増幅を見せている:T-Blast)